釜めし菜時記 菜つ屋、東京都調布市にある釜飯のおすすめ店

おいしい釜飯が東京で食べられるのはうれしいですよね。
しかもこの菜つ屋、ランチとディナーに分かれてメニューがあり大人な味って感じがします。

菜つ屋の夜のセットメニューから注文したのは、桜エビの釜飯のセットです。
その他に、漬け物と茶碗蒸し、お刺身の四種盛りと、串焼きもついてきます。

ひとつひとつ彩りが美しく、味付けもだしがきいていて上品な味だと思います。
あと、お味噌汁もおいしかったです。

菜つ屋は、定期的にイベントがあるようで、特に子供が喜びそうなサービスだと思います。

子供向けのイベントは2種類があって、ひとつは、はずれなしのこどもくじ引きデーや、お年寄りにも優しいシルバーデーなどが毎月決まった時期にきます。
シルバーデーには、ほうじ茶が無料になるはずです。

菜つ屋は注文してから釜飯などを作るので、食べられるまでに20分も時間がかかります。
とはいえ、提供時間の目安など、メニューの特徴も紙に書かれていますし、時間の目安よりも実際は以外とはやく出来立ての料理を楽しむことができます。

セットで2000円と少しお高めですが公開しない美味しさのお店です。

店名:釜めし菜時記 菜つ屋
住所:東京都調布市西つつじケ丘3-30-7
電話:042-483-7280

愛知県豊田市、ゆず庵 豊栄店のランチはじいじやばあばも満足!

子供の振替休日の日、ばあばも連れて大型公園に行きました。
その後、近くでランチをしようといって選んだお店がゆず庵。

ゆず庵は、しゃぶしゃぶのお店ですが、食べ放題メニューだったので松花堂弁当のようなメニューがあるといいねと話してインターネット予約。
11時30分からの予約ならできたので、急いで車を走らせました。

ゆず庵で注文したのは、松花堂ランチで、かにのおうどん、手巻き寿司、サラダ、もずく、茶碗蒸し、あんかけの蒸し物がついています。
また、子供はお子様ランチ。こちらは500円ほどでおもちゃつきでした。

ゆず庵のランチメニューは、和風の小鉢がたくさんついています。
家庭では真似しづらいあんかけの蒸し物など手が込んだ一品が並びます。

おうどんは、1人ずつろうそくがついて鍋を温めながらおうどんを食べることができます。
お寿司も手巻き用ののりがあり、自分で巻いて食べるスタイル。
ほたて、いくらの巻き寿司が美味でした。

テーブル席で店内はかなり広く、年配の人もたくさん来ていました。
団体客も来ていて貸切席もあったようです。
12時過ぎには行列だったので、ゆず庵はインターネット予約がおすすめです。

店名:ゆず庵 豊栄店
住所:愛知県豊田市豊栄町6丁目331-1
電話:0565-25-3800

新潟市中央区古町通「越後前 天麸羅 すず季」でこだわりの天麸羅を食す

新潟市中央区古町通にオープンした「越後前 天麸羅 すず季(えちごまえてんぷらすずき)」は、たくさんのこだわりがあるお店です。

『新潟には、海、川、山、越後平野があり、美味しいい食材、真面目な生産者、技術の高い料理人、料理を食べてくださるお客様がいる。
新潟を愛し、こだわりを持って商品化された製品が「越後前」』とは、すず季の店主 鈴木氏の想いです。

そのこだわりは、すず季の天麸羅にも表れています。
衣には、米粉と小麦粉をブレンドし、麒麟山酒造の仕込み水を使用。

揚げる油は、米油100%。
新潟の食材(と地酒)を提供するというもの。

すず季のランチには、特上天丼 2,000円(税込み) 海老、季節の海鮮や野菜の全8品以上が入り、小鉢、味噌汁、香の物付き。

海老天丼 2,000円(税込み) 海老5、野菜3~5品が入り、小鉢、味噌汁、香の物付き。
天麸羅コース(要予約) には、3,000円と5,000円があります。

カウンター席でいただくのですが、米油100%で揚げているからか、特有の油のにおいが、あまり気になりません。
新潟食材の美味しさを十分に引き出すように、油の温度や揚げる時間も変えるなど、日々研究を重ねる鈴木氏の 天麸羅 は、さくさくで、野菜も甘みが引き出され、とても美味しいです。

すず季、友人にも勧めたい一軒となりました。

店名:越後前 天麸羅 すず季
住所:新潟県新潟市中央区古町通7番町1006-4 福豊ビル1F
電話:025-226-5858

逢ぜん、愛知県犬山市でゆっくり鰻と旬の食材を味わうお店

愛知県の犬山市にある鰻屋「逢ぜん」。メイン通りから路地を一本中に入り、住宅街に突如現れる一軒の鰻屋さんです。
今となっては、さまざまな雑誌やメディアに取り上げられており、待ちで入店必須ですが、待ってでも食べたい理由は鰻が美味しいのはもちろんのこと、逢ぜんは季節によって変わる一品料理をしみじみと味わえるお店でもあります。

着席と共に出てくる季節の一品料理のメニュー表を見るのが楽しみになるような、その時々の旬の食材をシンプルに提供していただけます。

そして鰻ですが、逢ぜんオススメは白焼きです。
少々のみりんに付けながら頂く白焼きは、とてもさっぱりしており、しかしながらとてもお腹が満足するメニューです。
シンプルな味付けのおかげで、味に飽きることなく最後まで美味しく食べることができます。

逢ぜんは、ひつまぶしも、並でもおひつからはみ出すほどの鰻が溢れるほど盛ってあり、男性にも充分満足できるメニューだと思います。

また、鰻が苦手な方や、小さい子供連れにも来店しやすいように鰻以外の定食もあります。
逢ぜんの店内の奥には個室の座敷もあり、大人数でも気兼ねなく利用できるようになっていますので、お正月やお盆の親戚の集まりでも使えるお店だと思います。

店名:逢ぜん
住所:愛知県犬山市上坂町4-168
電話:0568-39-5077

和み家、山口で定食を食べるならここ!

和み家とは山口県内に3店舗ある定食屋さんです。
今回ご紹介するのは小郡店です。
和み家 小郡店の店内は広く座敷やテーブル席もあり、居酒屋のような個室もあるので、ゆったりと食事を楽しめます。

メニューは海鮮から揚げ物やお肉まで様々な種類があります。
花籠とゆう、小皿の盛り合わせで色んな味が楽しめるメニューもあります。
どれもリーズナブルでボリュームがあり、大満足な料理ばかりです。

中でも和み家おススメなのが、から揚げです。
から揚げは定食にもありますが、最高に美味しいので単品でもペロリとたいらげてしまいます。
和み家の唐揚げを食べると他の唐揚げでは物足りなく感じてしまう美味しさです。

お値段は
「唐揚げ 中 10個入り 700円」
「唐揚げ 大 15個入り 1080円」
「唐揚げ 特大 30個入り 1800円」
です。
人数に合わせて食べきれる量を注文することをお勧めします。

和み家の店内は週末は混み合っていて、店員さんも忙しそうですが、キビキビと対応してくださります。
混み合っている日は、少しお料理が出てくるのが遅い時もあるので、せっかちさんにはおススメできませんが、待ってでも食べる価値のある美味しさです。
山口県に来た際には立ち寄って頂きたいお店です。

店名:和み家 小郡店
住所:山口県山口市小郡上郷3336‐1
電話:0839-72-8888

旬魚旬菜 夢花 博多店、博多駅バスターミナルで玄界灘の魚介類。

店名:旬魚旬菜 夢花 博多店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1博多バス ターミナル8F
電話:092-472-2033

JR博多駅と直結している博多駅バスセンター。
数年前にリニューアルして、綺麗になりました。

旬魚旬菜 夢花 博多店は、博多駅のバスセンターは福岡県内の多方面行きのバスや九州内外へ向かう高速バスなどの乗り場があり、その待ち時間に利用するにはぴったりなお店です。
わたしたちも所用で高速バスでの移動の前にバスの待ち時間に、こちらのお店を利用させていただきました。

少し時間が空いたのでゆっくりご飯でも食べようということになり、8階を散策した結果、旬魚旬菜 夢花 博多店に決めました。

魚が美味しいお店のようで、刺し盛りやもつ鍋などそそられるメニューが多かったのですが、所用を控えており飲酒はできない状況だったので泣く泣く天ぷら刺身御膳(1980円)をオーダーしました。
天ぷら7品、刺身3種、小鉢にご飯、お味噌汁にお漬物です。

お刺身は毎朝玄界灘で水揚げされたものを仕入れているだけあって、新鮮で歯ごたえがあり博多の甘い醤油と相俟ってとても美味しくいただきました。
なかなかバスセンターには立ち寄り機会がないのですが、旬魚旬菜 夢花 博多店は、また寄らせてもらいたいお店です。
次は是非お酒をいただきたいです。

唐津市呼子町、名店「いか道楽」でいかづくし!

呼子のいかは世界一だと思っています。
そんな呼子のいかが美味しくいただける名店、いか道楽です。
車はお店の前に駐車します。

いか道楽のメニューは団体様宴会用と、一般のお客さん用に分かれています。
わたしたちは予約なしでお邪魔しましたが、おそらくほとんどの方が予約して来店されていると思います。
一般のお客さん用のメニューは6種類。
すべていかかと思いきや一つだけ佐賀牛の定食が!
(2830円)

価格帯はお安いものからいか三拍子定食(2500円)からいか道楽定食(3200円)まであります。
いか三拍子定食にももちろんいか刺しは付いているし、呼子名物いかしゅうまいも付いているので充分なのですが、ここまできたらやっぱりいかの活き造りにいかないと女が廃ります。
どーんといか釜定食!
(いか道楽定食にいきたかったのですが、いかを食べに来たので鯵の刺身よりいか釜飯にそそられまして・・・)

とにかく料理が運ばれてきた時は圧巻で、こんなに食べられるのかと思いますが、大丈夫です。
美味しいので。

まずはいかの活き造り。丸々一ぱいの透明ないかがどーん!と。
こりこりして少しねっとりもして新鮮ないかは本当に美味しいんです。
そして下足の天ぷらにいかしゅうまい。
ここまでは呼子のテッパンです。

が、いか釜飯。
これ本当に美味しかったです。
個人的には絶対食べるべき!

あとは茶碗蒸し、赤だし、お漬物、フルーツが付いています。
とにかくすごいボリュームです。
メニューで拝見しただけですが、いか三拍子定食で既に充分食べごたえはあります。

佐賀牛も気になるところですが、やはり呼子に来たからにはいかをご賞味あれ。
小さいお子様にはお子様ランチもありました!

店名:いか道楽
住所:佐賀県唐津市呼子町加部島3606
電話:0955-82-5539