マルトヨラーメンセンター、佐賀県大町にあるコスパ最高の本格長浜スタイルラーメン店

店名:マルトヨラーメンセンター
住所:佐賀県杵島郡大町町大字大町276-1
電話:095-282-5050

マルトヨラーメンセンターは、佐賀の実家に帰省した際には必ず食べに行きます。
初めはラーメンセンターというネーミングからなんか味はどうなのかな?と思いながら入店しましたが、マルトヨラーメンセンターのスタッフさん達はみんな元気がありとても活気あふれるお店です。

私は定番のラーメン、なんと450円、主人はプラス250円で唐揚げとご飯が付くラーメン唐揚げセットを選択しました。

マルトヨラーメンセンターのラーメンは、細麺にこってり豚骨の本格長浜スタイル。
チャーシュー二枚とキクラゲ、ネギのシンプルさがとてもよく最近のなんでもトッピングしちゃえ系のラーメンとは一線引いています。

スープを最後まで飲み干すとザラザラとした骨髄の粉が残っていて旨味を引き出すためにとても丁寧に作られているんだなと思いました。
そのこってりスープが細麺に絡みつき女性である私も替え玉おかわりします。

初めはバリカタ、2玉目はカタでいただきます。
そして主人のセットについている唐揚げですが小ぶりながらも5個あります。

唐揚げというよりも竜田揚げという感じでサクサク感が半端なく何個でもいけそうな軽い食感でした。
冷めても美味しいんじゃないかと感じました。

マルトヨラーメンセンター店内も広くカウンター15席、4人席のテーブルが6席ほどだったでしょうか。
出来上がりまでの時間も短く病みつきになるお店です。

宇奈根 山中、二子玉川 にある銀座の名店で修行を積んだ店主が営む蕎麦屋

住宅街にひっそりたたずむ宇奈根 山中は、銀座の有名な天ぷら屋で修行を積んだ店主がどうしてもそばが打ちたくて開いた、美味しい蕎麦と天ぷらが食べられるお店です。

店名:宇奈根 山中
住所:東京都世田谷区宇奈根3-7-15
電話:03-3416-6620

昼は2000円、夜は3000円から天ぷらとそばの両方がいただけるコースが用意されており、その日のおすすめの素材を使った魚や野菜の天ぷらと店主自慢の手打ちそばが提供されます。

名店で修行を積んだ宇奈根 山中の店主の揚げる天ぷらは、油がくどくなく素材を活かした逸品ですが、店主が力を入れている蕎麦にも要注目です。

特に二色せいろでは、他のお店では見たことがないような荒々しくも蕎麦の味が濃い9割蕎麦をいただくことができます。
桜を練りこんだ蕎麦などその季節ならではの蕎麦が提供されることもあります。

宇奈根 山中の店内はゆとりのある配置で、女将さんが丁寧な接客をしてくださる落ち着いたそれでいて堅苦しくない雰囲気の中、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

ご主人は寡黙ながら気さくな方で、名店で修行した天ぷらの腕前はさることながら、そばへの情熱に燃えた方です。

最寄りの二子玉川もしくは成城学園前から車で10分ほどとアクセスだけはやや不便ではありますが、宇奈根 山中は訪れる価値のある料理がいただける、知る人ぞ知る隠れた名店です。

渋川市伊香保、大澤屋は舞茸の天ぷらが美味しい水沢うどん店

伊香保の大澤屋は水沢うどんが有名な店で、うどんが美味しい店です。

店名:大澤屋 第一店舗
住所:群馬県渋川市伊香保町水沢125-1
電話:0279-72-3295

大澤屋は、水沢うどんで有名な店で、わざわざ水沢うどんを食べに行く時はここの店で食べます。
それぐらい美味しいです。

大澤屋でよく注文するメニューが、楓です。
価格は税込で1375円です。

ざるうどんの並盛り・舞茸の天ぷら2つ・オクラの天ぷらが食べられます。
ざるうどんは、流石という感じでとても美味しいです。

もちもちとした食感で、コシがあり、喉越しも良くて、かなり美味しいです。
自分が食べたうどんの中では1番美味しいと思います。
また、麺つゆもうどんとの相性抜群でとても良かったです。

大澤屋の舞茸の天ぷらは大きなサイズです。
それが2つを食べられます。

サクサクとした食感で、舞茸の香りがほんのり残り、とても美味しいです。
サイズが大きくて2つもあると食べ応えがあり、中々のボリュームがあります。

オクラの天ぷらは、サクッとしていて、とても食べやすくて美味しかったです。
舞茸やオクラの天ぷらで胸焼けを起こす事なく全部食べてしまいます。

また、うどんの上に胡瓜と舞茸の煮付けが乗っていて、胡瓜はシャキシャキで、舞茸の煮付けは味が染み込んでいて柔らかくてとても美味しかったです。

他にも、野菜の天ぷらやゴマだれのうどんなど色んなメニューがあり、どれも美味しいです。
そんな、水沢うどんで有名な大澤屋はオススメできる飲食店です。

豚男爵、茨城県つくば市でガテン系ラーメンといえばココ!

背脂タップリの濃厚でパンチの効いた気合いの入った一杯がいたただける、茨城県・つくば市のガテン系ラーメン店といえばココ、豚男爵!

豚男爵イチオシは、「つくばG系豚太麺」 (750円)。
20時間以上かけて煮込んだコクのある、ややこってりの特製スープと、ワシワシとした食べ応えのある極太麺の相性は文句なしです。

厚さが最低でも1センチ、切り方によるラッキーがあれば1.5センチを超えることもあるというチャーシューも絶品!のひと言。
好みでニンニクをタップリと追加でどうぞ。

素材にこだわった、焼きアジ、カタクチイワシ、焼きカタクチイワシの魚粉を好みの分量でプラスして、丁寧にとった濃厚か清湯が選べるスープのアレンジを楽しめる「香りと旨みの豚煮干」(800円)も一度味わったら無性に食べたくなるラーメンです。

豚男爵のサイドメニューでは「お手製!手作り餃子」(320円)が自慢。
コクと旨みが詰まった逸品で、お子様からシニア層まで幅広い支持を受けています。

こちらの豚男爵は電話番号が非公開のミステリアス店ですので、営業確認や混雑具合の確認はできません。
昼営業時間の12時から13時過ぎと、夜の営業時間の20時過ぎは待つことがあるかもしれませんのでご注意を。

店名:豚男爵
住所:茨城県つくば市遠東1371-1
電話:非公開

上尾市にある山田うどん食堂 水上公園店のざる蕎麦が安くて美味しい!

店名:山田うどん食堂 水上公園店
住所:埼玉県上尾市上尾下1039-3
電話:048-775-2956

安い価格で美味しいざる蕎麦を食べたいと考えている時、よく利用しているのがこちらの山田うどん食堂 水上公園店です。
山田うどん食堂のざる蕎麦なのですが、何と300円で食べることができ、びっくりするほど安い価格に定められています。

300円でも歯ごたえがとてもある蕎麦ですし、風味もしっかりとしているので美味しく食べることができます。
山田うどん食堂は蕎麦につける汁も美味しくて、甘みを感じながら美味しく蕎麦を食べられるので個人的に気に入っています。

ざる蕎麦だけでは満足できない時、ミニカレー丼を追加することでボリュームを増すことができます。
昔ながらのカレーになっており、ミニカレー丼の値段は250円に設定されています。

山田うどん食堂のスタッフの対応はとてもよく、注文したい時はすぐに来てくれますし、元気よく挨拶をしてくれるので気持ちよく利用できています。
また店内も綺麗に掃除されているので、これまでに何度も利用しているのですが汚いもしくは不潔と感じたことはありません。

駐車場もある程度確保されているので、自転車や徒歩だけではなく、車でも来店できるお店になっています。
個人的にお勧めしたいのがざる蕎麦なのですが、山田うどん食堂はその他のメニューも色々と安いので、リーズナブルな価格で美味しいものを食べたい人にお勧めです。

ちゃあしゅうや亀王 大安寺店、岡山市にある豚骨系ラーメンがおすすめのラーメン店

店名:ちゃあしゅうや亀王 大安寺店
住所:岡山県岡山市北区大安寺南町2-3-34
電話:086-255-7757

ちゃあしゅうや亀王 大安寺店は、岡山市大安寺にあるラーメン店です。
店内は5人ほどで切り盛りしており、若いスタッフが多く活気に溢れています。

メニューはいろいろありますが、ちゃあしゅうや亀王は豚骨系ラーメンが中心といった感じです。
亀王ラーメン650円、とろ玉入りの昔味650円、ちゃーしゅー麺890円といったところは豚骨ベースのラーメンなので、豚骨系が好きであれば是非食べていただきたいですね。

他はしょうゆラーメン680円、味噌亀王760円といったのもございます。
豚骨にこだわりがない方はこういったものも良いかもしれませんね。

さらに変わり種として、トマトラーメン780円やチーズをトッピングしたチーズトマトラーメン880円もあるので、トマト好きであれば注文してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに替え玉は150円でできるので、がっかり食べたい方は是非おすすめです。
ちゃあしゅうや亀王はチェーン展開してる店ではありますが、岡山県内ではこの大安寺店1店舗のみとなっており、営業時間は11時から22時半までとなっております。

大安寺店近辺はスーパーやホームセンターなど買い物施設も充実しているので、買い物の行き帰りなどに立ち寄って食べるのにも最適の立地条件です。
気になる方は是非、ちゃあしゅうや亀王 大安寺店を訪れてみてはいかがでしょうか。

大阪千日前のランチなら千とせ べっかんがオススメ!

大阪市千日前にはなんばグランド花月がありますが、その1階に肉吸いというものが有名なお店、千とせがあります。
時間帯によってはお出汁が無くなり閉店している時もあるので、開店時間である11時に訪れるのがオススメです。

千とせ名物とされる肉吸いは、お出汁の中に細切れのお肉がたっぷり入ったもので、うどんの麺は入っていません。
うどんの麺が入ったものが良ければ、肉うどんというものを注文するかたちです。

肉吸いには豆腐入りもあります。うどんメニューは肉うどんの他に、肉かすうどん、肉かすカレーうどん、大きなあげのきつねうどん等があります。

千とせの店舗では入り口で食券を購入して、その後に席につくシステムですが、案内をしてくださる店員さんがいるので、入店した時に席も確保してくれます。

名物の肉吸いは700円。
オススメは、その肉吸いと、小玉というものです。

こちらは卵かけご飯で、大玉というのもありますが、小玉でもご飯の量はかなりありますし、肉吸いだけでもボリュームが凄いので、肉吸い&小玉というのがベストだと思います。

千とせ店内は木目調で落ち着いた静かな空間です。テーブル席で、席1つ1つにお水もありますし、待ち時間も長すぎず、手軽に味わえます。

店名:千とせ べっかん
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-6、なんばグランド花月1F
電話:06-6633-2931

営業時間は11:00~20:00、ラストオーダーは19:30となっていますが、お出汁が無くなり次第終了ですので、お早めにお立ち寄りをオススメします。
1番高いお値段のものが肉かすカレーうどんの1,000円なので、リーズナブルに名物を味わえます。